株の動き

株をやっていると誰もが気になる株価。その株価の動きには実は特徴があるんです。皆さん投資の目的は様々だとは思いますが、株主優待が目的の方も大勢いるのです。株主優待で重要な権利確定日と株価の動きの関係について見ていきましょう。

基準価格の変動と投資信託による株式投資

株式投資を投資信託を通じて行っている方は、基準価格というものを理解しておく必要があると言えるでしょう。すなわち、投資信託というものは、当初の設定価格を1口10,000円としていていて、この1口あたりの価格のことを基準価格と呼んでいます。(基準価額と呼ぶこともあります。) そして、ちょうど株式の場合には株価が変動するように、投資信託の場合には基準価格が変動するということになるわけです。ですから、例えばその投資信託の現在の基準価格が20,000円であったならば、当初の設定以来その価格が2倍になっているということになりますし、現在の基準価格が5,000円であったならば、当初の設定以来その価格が2分の1になっているということを意味します。ただ、これは当初の投資信託設定時に買ったらの話ですから、現在の基準価格が20,000円になっていたとしても、自分がその投資信託を買った時の基準価格が40,000円であったなら、当初の購入以来その価格が2分の1になっているということになりますし、現在の基準価額が5,000円になっていたとしても、自分がその投資信託を買った時の基準価格が2,500円であったなら、当初の購入以来その価格が2倍になっているということを意味しています。ですから、投資信託を購入するにあたっては、その基準価額が現在割安になっているのか、それとも割高となっているのかを見極める必要があると言えるでしょう。ただ、基準価額が5,000円にまで落ちいてるので現在は割安だと思っても、基準価額が2,500円にまで落ちてしまうこともありますから、基準価額が10,000円を大きく下回っているから割安と一概に言うこともできません。

上へ戻る