株の動き

株をやっていると誰もが気になる株価。その株価の動きには実は特徴があるんです。皆さん投資の目的は様々だとは思いますが、株主優待が目的の方も大勢いるのです。株主優待で重要な権利確定日と株価の動きの関係について見ていきましょう。

株価が下がっても儲けられるってほんと?

株価は上昇しなければ儲けられないというわけではないものです。もちろん購入すれば、値下がりをしてしまうと損失につながります。けれども値下がりを見込んで儲けることもできます。信用取引の空売りを行えば、株価が下がるほどに利益を大きくすることができます。その仕組みは、証券会社から株式を借りて、先に売却するという形になります。つまり、先にその売却によってお金を得る形になります。そして見込み通りに値が下がれば、そこで改めて購入します。そして借りた株式を返却するわけです。最初に得たお金から、購入にあてた金額を差し引いて残ったお金が利益として残るという仕組みです。この信用取引を行うためには、新たに口座を開く必要があります。そこに証拠金としてお金を入れることによって、取引を行うことができるようになります。この取引の場合には、思惑に反して値上がりしてしまうと損失を生じることになります。最初に売却したものを、高値で買い戻すことになるからです。しかも信用取引の場合には、ポジションを保有できる期限が決まっています。その期間を迎えると強制的に決済されることになるわけです。また、株式を借りるための手数料も発生します。細かなルールが色々とありますが、これから相場全体が下げると判断した場合に利用すると、思惑通りに下げた時に利益を出せるようになります。あるいは配当を目的として銘柄を長期間保有する場合、大きな相場の急落に備えて空売りで両建てとすることもひとつの利用方法となります。両建てをしておけば、例えば地震のようないリスクにも備えることができます。しかもどのような動きでも常に損失を出さずに済むことができるようになるので便利です。

上へ戻る